銀行系カードローンの審査は厳しいか?

MENU

銀行系カードローンの審査は厳しいか?

銀行系のカードローンの審査申込をした体験(女性/30代)

いつもギリギリの状態の生活で貯金する余裕もありません。今のところ転職の予定などはありません。

 

今の仕事をしているうちに使えるカードローンを持っておいたほうが、
将来的に便利だろうと思いカードローンの審査申込をすることにしました。

 

銀行系のカードローンは審査が厳しいけれど、金利が低いと聞いていたので、
できれば大手メガバンク系がいいなと思い調べてみました。

 

確かに銀行系の金利は低く、それぞれのメガバンクの審査を受け持つ、信販会社によって審査の厳しさも違うようでした。

 

けれどこうした審査が難しくなってしまうのは、他にも借り入れがあるような多重債務をしている方ということを知りました。
思い切って審査申込をしてみると、カードローンを初めて作ったのですが審査がすぐにOKとなりました。

 

事前の調べた情報で厳しいらしいと聞いていたので不安もあったのですが、
多重債務をしていたり、車のローンや住宅ローンを抱えていると厳しくなります。

 

でも、月々の安定した収入がある方なら、問題なく銀行系のカードローンを作ることが出来るのだと思います。

 

せっかくカードを作るのであれば、できるだけ金利の低いものを選んだほうが、
有利な借り入れが出来るので銀行系がおすすめです。

 

銀行系カードローンの審査で知っておきたいこと

職業によって審査で有利・不利がある

銀行系カードローンを申し込んだにもかかわらず、
審査をクリアできず借りることができなかったという経験をされた方もいるでしょう。

 

データではおよそ半数の方は申し込みをしたけれど、お金を借りることができなかったという結果が出ています。

 

カードローンを利用するにはいくつかの条件を満たす必要がありますが、
もっとも大切なのは働いていて毎月きちんとお給料をもらっているということです。

 

銀行としては貸したお金は利息をつけてきちんと返済してもらわないといけませんから、
無職で収入のない人は審査で落とされてしまいます。

 

また、職業によって査定が有利・不利になることがあります。
査定でもっとも有利になるのは公務員や大企業のサラリーマンなど雇用が安定している人です。

 

逆に中小企業のサラリーマンや離職率の高い水商売・タクシー運転手・自営業者などは評価が低くなります。

 

こういった職業につく方では収入があっても融資を断られてしまう可能性があります。

 

収入は多ければ良いというわけではない

銀行の融資審査においては基本的には収入は多ければ多いほど有利になりますが、
いつでも必ず有利になるかといえば、決してそうではありません。

 

厳密に言えば査定で有利になるのは収入が単に多い人ではなく、自由に使えるお金が多い人ということになります。
たとえば同じ収入があっても家族構成に違いがあれば自由に使えるお金には違いが出てきます。

 

子供がたくさんいる家庭や両親を養っている家庭などでは、収入が多くても生活費も多くかかるため自由に使えるお金はそれほど多くありません。

 

一方、独身者で親と同居しているような人は、家賃を支払う必要もないので自由に使えるお金が多くなります。
自由に使えるお金が多いということは、キャッシングを利用した時に返済に回すことができるお金も多いということになります。

 

その為、銀行としても安心して融資が行えるということになります。

 

信用情報で問題となるのはカードローンだけではない

銀行系のカードローンを利用する上で信用情報は審査の結果に大きな影響を与えます。

 

現在いくつもの金融機関から借入をしていて返済が遅れ気味という場合には、
信用情報に問題ありとして不利な査定を受けてしまいます。

 

また、過去の借り入れで返済が困難になり債務整理をしたりしている場合も、融資を受けることができない可能性が高くなります。

 

しかし、問題となるのはカードローンの返済だけではありません。
実はクレジットカードの返済に滞納があったり、公共料金の滞納がある場合も融資が受けられない可能性が高くなってしまいます。

 

また、最近良く問題となるのが携帯電話料金の滞納です。

 

今は誰でもスマホを持っていますが、割賦販売で購入した場合はローン契約となるため、
支払いが遅れてしまうと信用情報にキズがつき銀行からの融資にも悪影響を与えてしまいます。

 

ですから、携帯料金はきちんと支払うようにしましょう。