個人向けローン

MENU

個人向けローン

個人向けローンとは?

個人向けローンとはカードローンのことを指しており、個人の利用者に向けた無担保融資のことを指しております。

 

「住宅ローンを組みたい」「キャッシングしたい」など、個人によってクレジットカードの利用用途は異なるかもしれません。
その用途に合わせて最短で即日融資も可能なのが個人向けローンの特徴で、土地や家などの不動産を担保にしなくても借りられるのです。

 

また、個人向けローンは教育ローンや自動車ローンのような目的ローンではなく、資金の用途が限定されないフリーローンの一つとなっております。

 

私は少々お金遣いが荒いので個人向けローンにお世話になっており、限度額までならば何度でも借りたり返したりできるのです。
審査に通りさえすればカードを持つことができますし、とても便利だと感動した方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

 

個人向けローンによっては30日間の無利息サービスを行っているところもあるので、選び方も重要な要素の一つだと思いました。

 

個人向けローンの種類について

無担保で借りられる個人向けローンの種類は非常に多くなっております。

 

「最短で1時間で融資が可能」「30日間金利ゼロ」「限度額が最高で800万円」と特徴別で決めるのが良いのではないでしょうか。
テレビのコマーシャルでも流れている個人向けローンはありますし、私も安全に利用できているので危険性は一切ないはずです。

 

どれも「消費者金融系キャッシング」に分類され、インターネットや電話を使って申し込むことができます。

 

「24時間365日受け付けている」⇒「審査によってご契約可能額を決める」⇒「返済方法を決める」⇒「カードが郵送される」という流れで、どのカードローンでも大差ありません。
各種銀行や信用金庫が提供している「銀行系キャッシング」や、クレジットカード会社が行っている「信販系キャッシング」といった種類もあり、私も最初はかなり迷ってしまいました。

 

ただし、個人向けローンは限度額内で自由に借りたり返したりできる代わりに、金利が非常に高いのがデメリットの一つです。

 

インターネットの口コミでは、数十年間に渡って借りる返すを繰り返しており、気付いたら金利の負担額が大きくなってしまったという意見がありました。
「枠内ならばいつでも借りられる」というメリットや安心感は、デメリットと背中合わせだと私は心得ているつもりです。

 

早く借り入れしたいのならば、「即日融資に対応している個人向けローンを選ぶ」「WEB上で申し込む」「指定の銀行口座を作っておく」という点を意識しておきましょう。