医療費を払えない

MENU

医療費を払えない

高額な医療費を払えない時は相談しよう

高額な医療費を払えない時は公的な制度に相談するのが適しております。

 

私も大きな事故で入院や手術の治療を病院で受けなければならなくなり、「医療費を払えないと治療を受けられないのではないか?」と不安を抱えておりました。
そんな時に頼りになるのが医療費支援で、患者さんに応じて適切な対応をしてくれます。

 

そこで、どのような公的な制度が現在では用意されているのか見ていきましょう。

 

高額療養費制度:病院や薬局で支払った金額が一定を超えた際に全額を国が負担して支給してくれる
高額療養費貸付制度:国民健康保険に加入している人ならば全額の90%を無利子で借りることができる
傷病手当金制度:病気や怪我で会社を休む際に最長で1年6ヶ月目まで手当金を受け取ることができる
高額介護合算療養費制度:介護保険制度を利用している家族がいる場合に適用される高額療養費制度
医療費控除:一定額の医療費を負担した際に確定申告で支払った税金の一部が返ってくる

 

このような公的な制度があれば、「医療費が払えない」「治療後にお金を支払えない」という事態を防ぐことができます。

 

それに、どんな治療でも分割払いが可能なので高額な医療費を一度に支払わなければならないという決まりはありません。
私の場合は納付誓約書に必要事項を記載し、一定期間に渡って支払いを猶予することができました。

 

他の方の口コミでは分割が支払えないような状態だと電話や文書で催促されることがあるようですが、医療費が払えないから治療が受けられないわけではないのです。

 

個人の状況に応じた対応をしてくれるので、病院や公的機関に相談してみるのが良いのではないでしょうか。

 

医療費が払えない時はキャッシングを利用しよう

今直ぐに治療費が必要ならば、キャッシングを利用するのも選択肢の一つとなっております。

 

公的な支援制度を使うと医療費の負担が軽くなるので、私はそちらを利用しました。
しかし、受給までに時間がかかってしまうため、前払いしなければならない治療費がある場合は消費者金融を活用するのも方法の一つなのです。

 

審査に通れば限度額まで借り入れることができますし、医療費が払えないという状況を打破できます。

 

ただし、キャッシングは借り入れる金額によって利息が変わるため、返済計画を事前に立てておかなければなりません。
「医療費を支払うことができたけれど消費者金融に返すお金の目処が立たない」という状況は防がなければならないのです。

 

公的な支援制度を利用するのかキャッシングを活用するのか、良く考えてから選ぶのが良いと個人的に思いました。